素敵なデザインの色打掛で挙式をしたい

伝統的な和装の挙式をしたい人が増えており、華やかで艶やかな印象の色打掛を着用したい人が増えています。専門店に足を運ぶと、伝統的な古典柄の商品は根強い人気がありますが、人気のブランドの商品や、ファッション性の高い新作の着物も揃っているので、気に入った商品が見つけやすくなっています。結婚式場によっては、持ち込みの場合は別途に費用が掛かってしまうので、自分の好きなデザインの色打掛を着用したい場合は、事前に確認をしておく必要があります。現代は挙式や披露宴を行わず、記念の写真のみを撮影する人が増えており、フォトウェディングも高い人気があります。フォトウェディングに和装の着物を着用したい人が増えているので、じっくりと商品を比較して、自分の顔立ちや雰囲気に合った着物を選ぶと失敗が少ないです。伝統的な白無垢は高い人気がありますが、色打掛は豪華な雰囲気なのでお勧めしたいです。

和婚で色打掛を着るときの楽しみ方

近年は、和婚を挙げる人も多く和装を選択する人も増えています。和婚の場合、一般的には、女性は白無垢を着ます。しかし、白無垢のカツラが嫌だ、昔っぽい、などの理由から、挙式から色打掛を着用する人も増えています。色打掛は、白無垢の白色1色とは異なり、白でも柄が入っていたり、様々なカラーバリエーションがあるため見た目も華やかで人気です。その年の新作もたくさん出るため、流行のデザインやカラーも選択できます。昔は必ず鶴の柄が入っていましたが、今は縛りもありません。また、着物に合わせた洋装の髪型や髪飾りも合わせられます。和婚にしなくても、披露宴でウェディングドレスの後に2着目、3着目で着用する場合もあります。洋装、和装の両方が楽しめるので来場者からの反響も大きいでしょう。近年、晩婚化の影響で30歳以上の花嫁も多いです。二の腕を出したくない人も少なくありません。結婚式の多様化に伴い選択肢が広がるのは嬉しいことです。

自分に合う色打掛があるはずです

結婚は女性にとって憧れであり、実際に結婚が決まると結婚式でどのような衣装を着るか、どのような結婚写真を撮りたいか迷う人が多いです。結婚式や披露宴で着る衣装は、挙式スタイルや好み、時間、金銭など様々なことを考慮します。着たい衣装をすべて着ることができないこともあります。結婚式で着る予定の無い衣装を前撮りの時に着たいと望む人も少なくありません。ウエディングドレスもカラードレスも素敵ですが、花嫁のみが着ることのできる日本の伝統的な花嫁衣裳である白無垢や色打掛も日本らしさ満点でしっとりとして美しいです。ドレスに関しては体型や肌の色、好みなどで希望がある人も多いですが、和装については馴染みがないのでわからないという人もいます。どれも同じように見えるかもしれませんが、特に色打掛は色や柄、柄の大きさなどを見ましょう。ドレス同様に自分に合う物が見つかるはずです。

お電話でのお問い合わせは、10時~18時にて対応させて頂きます。 高級色打掛レンタル一式、49800円でレンタルできます。 春・夏用のサマーモーニングが人気です。 大阪ショップでは、たくさんのドレスをご覧いただけます!プロのコーディネーターがアドバイスします。 直前予約!大阪ショップでの直接お渡しもOKです。 色打掛も多種多様に取り揃えています