引越しを神奈川でする際の注意点

神奈川県を含む関東は、日本で一番引越し業者が多い地域です。そのため、引越し業者を選ぶときには、インターネットなどで業者の見積もりが比較でき一番安くてサービスのいいところが選べ、同時に予約もできる一括見積りのサイトを利用することをお勧めします。そんな比較サイトを利用するとホテルの予約のように、業者へいちいち電話で連絡をしなくても自分に合った引越し業者を選ぶことができ、同時に引越しの予約をすることもできるのです。また、神奈川県のような首都圏の近郊の引越しでは、大手の引越し業者を利用するより小さな引越し業者を利用した方が値段も安く、融通がきく場合があります。例えば、コンテナ便というものを使った引越しを扱っている業者もあります。コンテナ便を利用すると、輸送に伴って発生する人件費などの費用を大幅にコストダウンすることができます。

いらないものの処分と荷造りの準備

神奈川での引越しに限らず引越し業者が決まったら、準備として、いらない荷物の処分をしましょう。引越し料金の節約をするために、荷物をいらない物といる物に分けていき、いらない物をどんどん捨てていきます。 本やCD、家具や洋服などはリサイクルショップやネットオークションで売ることで、高値で売れることもあります。そして、荷物の処分が済んだら、次に荷造りの準備を行います。自宅の大まかな見取り図を用意して、部屋毎に荷物の内容を書き出してみましょう。例えば、寝室だとベッドや布団、シーツ、枕などです。そして、荷造りをする時は、同じ部屋の物をまとめて荷造りをすると荷ほどきする時に楽になので、部屋ごとにまとめて荷物を作っていきます。チェックシートなどを準備して少しずつ進めていくと分かり安くてお勧めです。

準備ができたらさっそく荷造りに挑戦

荷造りをする時に必要なものには、段ボールや新聞紙、ビニールテープ、ガムテープに油性ペン、はさみなどがあります。神奈川に限らず引越し業者によっては、段ボールを無料で提供して貰えることがあります。段ボールを提供してもらう場合でも、荷造りしているうちに足りなくなってしまう、提供ダンボールに個数制限があることもあるので、足りない時には、スーパーやドラッグストアで譲って貰うと良いです。大・中・小と大きさ別に準備しておくとなお便利です。また、荷造りをする時には、普段はあまり使わないものから順番に片づけていくことがポイントです。あまり読んでいない本や使っていない食器、そして季節違いの服などは、最初に梱包するようにしましょう。重たい物は、小さな段ボールに入れて梱包します。洋服などは、かさばってしまいますが、それほど重くないので、大きめの段ボールへ入れて梱包することをお勧めします。